ロジカルに勝負!DOMEMO (ドメモ)ってどんなゲーム?

深い推理力とちょっぴりの運が勝敗を握る!DOMEMO

DOMEMOは数字が書かれた28枚の手札(タイル?ドミノ?)を使って遊ぶゲームです。

相手の手札は見えるけど、自分の手札は見えない……。そんな状況で自分の手札に書かれている数字を当てていくというゲームです。

ルールはシンプル!けれどもがっつり推理戦を楽しむことができるゲームです!

DOMEMO(ドメモ) 基本情報

DOMEMOのイメージ画像
DOMEMO(ドメモ)
発売元幻冬舎エデュケーション
プレイ人数2~5人
対象年齢5歳から

DOMEMOのルール

手札の数と配り方

手札は「7」と書かれた手札が7枚、「6」と書かれた手札が6枚、「5」が5枚、「4」が4枚、「3」が3枚、「2」が2枚、「1」が1枚の計28枚の手札で遊ぶゲームです。

この手札を以下のように、参加するプレイヤーに応じて配ります。

人数1人の手札場に出される手札取り除かれる手札
2人7枚7枚7枚
3人7枚0枚7枚
4人5枚4枚4枚
5人4枚4枚4枚

手札を配られたプレイヤーは自分の手札に何が書かれているのかを見ずに手札を並べます。こんな感じでならべましょう!

場に出す手札は表を向けて、つまり数字がみんなに見えるように置きます。取り除かれる手札の内容は誰にもわからないように隔離します。

順番に数字を当てていく!

最初のプレイヤーから順番に自分の手札を当てていきます。

周りの手札や場に出ている手札を見て「自分の手札には6が入ってそうだな~」と思ったら、「6!」と宣言しましょう。

宣言した数の手札があれば、次の手番の人が該当する手札を捨ててあげましょう。

もし宣言した手札がなければ次の手番の人が「ないです」と伝えます。

この数字当てをプレイヤーで順番に繰り返し、手札を全て捨てることができたプレイヤーの勝利です!

周りの手札や場の手札を考慮しながら数字を言い当てるドキドキ感と、言い当てたときの爽快感がたまりません(^^)/

基本的な考え方

当然7,6,5は多い

DOMEMOは手札に掛かれている数字だけ同じ手札が存在します。

なので、相手の手札に7が4枚ほどあっても、自分の手札にも7がある可能性は大です。

相手の発言に気を付ける!

たとえば他のプレイヤーが「1」と宣言したのなら、あなたの手札に「1」がない可能性は高いです。

というのは、「1」を宣言したプレイヤーはあなたの手札や他のプレイヤーの手札を見て「あ、1をもっている人がいないから、1をもってるのは私かな?」と考えて「1」を宣言している場合が多いからです。

ただ、それも他のプレイヤーを惑わすブラフ(ウソ)かもしれません(笑)

いずれにせよ、他人の発言には十分気を付けましょう(^_^;)

ゲームの進行については公式動画もありますよ!

外部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました